コインチェックの販売所と取引所の違い

この記事はPRを含みます。

ビットコインなど暗号資産はお得に購入する方法があるって知っていますか?

お得に購入できたらうれしいですよね!

暗号資産は暗号資産交換業者から買います。

暗号資産交換業者=「コインチェック」など暗号資産の販売をしている業者のこと

結論から言うと、暗号資産は「取引所」で買いましょう!

そう、暗号資産交換業者のなかで暗号資産の買い方は2種類あるんです。

それは、「販売所」「取引所」

この記事では、「販売所」と「取引所」の違いと、お得な暗号資産の購入方法についてご紹介したいと思います。

目次

販売所って?

販売所とは、暗号資産交換業者の「コインチェック」などとやりとりして購入することのできる場所のことです。

コインチェックはお店のようなイメージです。そこで私たちは暗号資産という商品を購入できます。

販売所では、暗号資産は欲しいと思ったときにいつでも購入できます

コインチェックは暗号資産の管理もしているため、売買時に手数料が取られます。

販売所はこの手数料が一般的に高いのです…泣

コインチェックのアプリ画面

コインチェックではアプリでの使用が便利ですが、アプリでは、この販売所が目立ち取引所がどこにあるかわかりません…

いつでも暗号資産の売買ができるので、気軽に買いたい場合、初めて購入する場合はコインチェックの販売所はオススメですよ!

取引所って?

取引所とは、暗号資産を売りたい人と直接やりとりして購入することのできる場所のことです。

コインチェックはその場所を提供しているイメージです。

取引所では、売りたい人がいないと売買が成立しません

売りたい人と直接売買するので、販売所より手数料が割安となります。

投資をする際にネックとなるのが「手数料」。少しでも安くしたいですよね。

取引所はそんな願いを叶えてくれます!

ではコインチェックでは「取引所」をどうやって開くのか?解説していきます!

コインチェックの取引所の開き方

コインチェックの取引所は、コインチェックのアプリの中のややこしいところにあります。

まずはコインチェックアプリを開き、「アカウント」をタップ。

アカウント内の「FAQ/問い合わせ」をタップ。

左上の三本線をタップ。

すると、「Coincheck取引所」と出てきます。そこをタップ!

ようやく取引所までたどり着くことができました。

少々面倒ですが、こういった作業をすることで手数料を浮かせることができるのですね。

取引所でのビットコインの購入方法

実際の購入方法について解説していきます。

BTC買い板/売り板」では、暗号資産を売りたい人、買いたい人が注文している表になります。

赤:売りたい人

緑:買いたい人

になっており、

「レート」は1BTCの価格になります。

画面を下にスクロールすると「現物取引」とあり、ここで売買を行うことができます。

実際に購入する際は、取引板の赤枠で囲んだところに注目します。

「売」と「買」が近くなるにつれて、レートの価格が近づいているのわかります。

この「売」と「買」が一番近いところの価格で現在取引が成立していることが多いです。

ここの価格を参考にして、「現物取引」でビットコインを購入してみましょう。

この画面では一番「売」に近い「買」の価格は1BTC=3215114円のため、「レート」には「3215114」を入力。

そして、注文量を入力。ここでは0.01BTCと入力しました。希望の量を入力しましょう!

そうすると、大体の日本円が自動で入力されますのでその価格に納得できたら「買い」→「注文」!

大幅にレートが変わっていなければ注目が成立されます!

先程は注文量を「0.01」と指定しましたが、日本円を指定することももちろん可能です。

取引板の見方さえ慣れてしまえば取引所でのビットコインの購入も簡単に出来ると思います。

ぜひ、手数料を抑えるために慣れておきたいところです。

今はビットコインは冬の時代と言われていて、比較的価格が下がっています。

将来性は高く価値は上昇していくと考えられるので、この機会にビットコイン投資始めてみませんか?

コインチェック公式ページはコチラから↓↓

\簡単・10分スマホで開設/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

5歳・3歳の男の子を育てる31歳のワーママ。

ポイ活から始まり、積み立てNISAやビットコインなどの投資を始めお金の勉強が趣味のようになる。これまでの過程で学んだ有益なことをシェアします。

目次