【ガチホ】ビットコイン運用結果公開【1年2か月】

この記事はPRを含みます。

2022年6月20日にコインチェックで初めてビットコインを購入しました。

金額は日本円で60,000円

このビットコインを長期的に投資する予定です。

いわゆるガチホですね。

2023年9月頭時点での、運用結果を公開します!

目次

ビットコイン運用結果公開:2023年9月頭時点で+20,936円

結果は、+20,936円でした。

先月は+28,086円であったため、先月比は-7,150円です。

2022年6月に60,000円で購入したビットコイン。

それが2023年9月頭に80,936円となりました。

先月と比べればマイナスですが、トータルで見れば大きなプラス評価になっています。

ビットコイン運用結果公開:購入時の価格

ビットコインを購入したのは2022年6月20日。

そのときのビットコインの価格は

1BTC=約275万円でした。

現在の価格は1BTC=約380万円なので、この1年で価格が急上昇していますね。

しかし、ここ1か月は価格が420万円台から380万円台に急落しています。

ビットコイン運用結果公開:価格が1か月で急落したのはなぜ?

2023年の6月、ビットコインの投資信託ができるかもしれないと大きく盛り上がりました。

アメリカのブラックロック社という、有名な証券会社が「ビットコインの現物ETFをやりたい!」と申し込んだのです。

このブラックロックという会社は、申請した商品はほとんどが承認されていることもあり、ビットコインの現物ETFもついに実現するのではと噂されています。

現物ETF(上場投資信託)が実現したら、ビットコインは多くの投資家から資金が流入されることが予想されます。

仮想通貨は難しく買いにくいものですが、それが簡単に買えるようになるためです。

ビットコインへの期待感の現れが、ビットコインの価格に反映され価格は400万円越えの上昇を見せました。

しかし、そのETF申請が延期される事態となったのです。

米証券取引委員会(SEC)がビットコインETFを承認するかの判断を遅らせたとニュースになっています。

そのためかビットコインの価格も380万円台まで落ち着いています。

10月までETF申請の判断が延期されるそうなので、それまではビットコインの価格は下がったままかもしれないですね。

ビットコイン運用結果公開:レインボーチャートの存在

はたしてビットコインは今は買い時なのでしょうか?

それを判断するひとつの材料になりえる資料「ビットコインのレインボーチャート」を紹介します。

ビットコインレインボーチャート

このチャートは、ビットコインのこれまでの価格推移と、これからの推移予想を表にしています。

虹の色分けをすることで、ビットコイン投資家の「気持ち」を表しています。

下は青、上は赤にグラデーションとなっており、青い部分に行くほど、「買い時」、赤い部分に行くほど「売り時」な相場であることを示しています。

現在のビットコインがどこにあるのかを知っておくことで、今が買い時なのか売り時なのかの判断材料のひとつになると思います。

現在は青い部分にグラフがあるため、「買い時」な相場であるだろうと予測されています。

これから、ビットコインの相場が上昇することを予測して、私はビットコインの長期保有をする予定です。

これからも運用結果を公開していきたいと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

5歳・3歳の男の子を育てる31歳のワーママ。

ポイ活から始まり、積み立てNISAやビットコインなどの投資を始めお金の勉強が趣味のようになる。これまでの過程で学んだ有益なことをシェアします。

目次